最近更新された記事

The Elder Scrolls Online(ザ エルダースクロールズオンライン)発表 2013年発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月04日17:57

ザ エルダースクロールズオンライン

TESシリーズのMMORPGとしてThe Elder Scrolls Online(ザ エルダースクロールズオンライン)が発表。2013年にwin/Macで発売予定。


先日公式に発表されたザ エルダースクロールズオンライン。
SSも何枚か公開されています。気になる情報については下記参照。


ゲームのプロットについて、“啓示を受けた何百、何千ものヒーロー達全員が自分こそ皇帝であるべきと考えた場合、世界には何が起こるか?”と記されている
アルトマーのネクロマンサー“Mannimarco”と手を結びインペリアルの再建を目論む“Tharn”家が登場する
インペリアルは下記に紹介するプレイアブルな3党派共通の敵となる
インペリアル再建の影で“Mannimarco”はモラグ・バルと手を結んでいる
全てのプレイヤーはモラグ・バルに魂を奪われており(※ プレイヤーがゲーム内で何度も復活することについての理由でもある)、プロットはプレイヤーが自身の魂を取り戻すことからスタートする
戦士、盗賊、メイジギルドが登場し、これまでのタイトルよりも遥かに強大なスキルを学ぶことが出来る
レベルキャップへの到達には120時間程度のプレイが必要とされる
スタミナ管理が戦闘の重要な鍵となる
3種の党派は主に種族と支配エリアで分けられている
“Ebonheart Pact”(エボンハート協定):ノルド、ダンマー、アルゴニアンから構成され、北と東エリアを支配
“Aldmeri Dominion”(アルドメリ自治領):アルトマー、ボスマー、カジートから構成され、南東エリアを支配
“Daggerfall Covenant”(ダガーフォール盟約):ブレトン、レッドガード、オークから構成され、北西エリアを支配
ゲーム世界はThe Elder Scrolls V: Skyrimよりも遥かに大きい
カジートの故郷であるエルスウェアや、アルトマー達が暮らすSumurset Isleがゲームに含まれるが、辺境の地方など全ての地域がローンチで利用可能でない可能性もあり、拡張パック等での実装も視野に入れられている
例:ウインドヘルムは存在するが、ウインターホールドと大学はローンチ時には存在しない
シロディールが主なPvP地帯となる
レベリングにおいてはこれまでのTESタイトルのようなクエストシステムが用意されている
Zenimax Onlineは“Hub”の無いデザインを目指しており、拠点となる少数の街にプレイヤーを留めないよう計画している
あるクエストではウェアウルフの登場が確認された
2007年から250人規模のチームにより開発が進められている
ゲームはフルボイス
ゲームプレイは三人称視点で行われる
スキルを利用するためのMMOで一般的なホットバーが用意されている
ウェアウルフ、バンパイアはプレイアブルでは無い様子
ガーディアンストーンに似た形で星座が存在する
Imperial City(帝都)、Windhelm(ウインドヘルム)、Daggerfall(ダガーフォール)、Sentinel、Mournhold、Ebonheart、Elden Root、Shornhelm、Evermore、Riften(リフテン)など、大量の街が確認された、
Radiant AIは存在しない
騎乗生物が登場するが、飛行可能なものは存在しない
ファストトラベルは“WayShrines”(復活ポイント)として登場、プレイヤーは既に訪問済みのWayShrine間をテレポート可能
スニーク要素が存在する
プレイヤーハウスは存在しない
NPCロマンスや結婚システムは存在しない
あるクエストでは数百年前に転送される展開が見られた
ハイエンドコンテンツとして100 vs 100規模のPvPが用意されている
採取可能な農場や採掘可能な鉱山が存在する
DAoC的なエリア支配やゴールの達成による党派全てに行き渡るボーナスが存在する
ある党派がCyrodiilを支配する場合、敵対する都市に対しKvatchを試すことが出来る(※ Oblivionゲートを解放して敵都市にダメージを与える?詳細不明)
エンドゲームコンテンツとして、党派間PvPに加え、各種レイドと“heroic mode”と呼ばれるコンテンツが用意されている
PvPはeSportsファンに適合するようなバランスが保たれたものになる
インスタンスではない、誰でも進入可能なパブリックダンジョンが存在する
インスタンス化されたダンジョンも同様に登場する
戦闘中のスキル利用や行動により“finesse”が得られ、十分に獲得した場合“ultimate”が使用可能
“finesse”を十分に獲得し戦闘を終えた場合ルート品にボーナスが追加される
さらに“finesse”は、ローグが油をまき、メイジが炎を放つなど、プレイヤー間の連携でも獲得可能
プレイヤー間のコンボは同じ党派間のみ可能

http://doope.jp/2012/0522663.html


日本語版についても気になりますがこれは望み薄ですかね。
まあ、海外サーバでも普通にできるとは思いますがね。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象] The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象]


ランキング参加中。良ければポチッと押していってくださいね(*^ー゚)b

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ   ゲーム全般・攻略ブログ  

この記事へのコメント
とおりすがり 2013年02月02日 11:16

ザじゃなくてジだよね
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


当サイトのゲーム画像・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。